ホーム

もあな助産院

お母さんと赤ちゃん、女性やその家族の幸せと健康を願って、

サポートさせていただきます

お知らせ 

宮崎市や児湯郡でも新型コロナウィルスの感染が拡大してきておりますので、助産院の感染予防対策を強化していきます。
これまで通りお話ししながらケアをさせていただきたい気持ちは山々ですが、助産院で感染させない・感染しないを最優先としていきたいと思います。

当院ではケアをお受けする前に以下の5点をスクリーニングさせていただきます。

①37.5度以上の発熱がご本人・ご家族・近親者の中にいらっしゃらないか?

②コロナウィルスの症状に似た風邪症状や味覚異常・嗅覚異常がご本人・ご家族・近親者の中にいらっしゃらないか?

③ご本人・ご家族・近親者の中に2週間以内に県外へ移動・または県外から移動されてきた方がいらっしゃらないか?

④本人・ご家族・近親者の中に2週間以内に海外への渡航歴がある方がいらっしゃらないか?

⑤新型コロナウィルス感染者、濃厚接触者の方、またはその疑いがある方との接触があるか?周りにPCR検査を受けられた方がいましたら、教えてください。

 お電話やメール・LINEでの相談も受け付けておりますので、この5点に当てはまる方は電話やメール・LINEで対応させていただきますので、ご連絡お待ちしております。

助産院に来院される際、または訪問させていただく際の安全対策について

①ケアを受ける前の5点のスクリーニングは継続

②助産院に来院されましたら、アルコール消毒を玄関に置いてますので消毒の徹底と手洗いをお願いします

③マスクはこれまで通り着用をお願い致します。

④換気もこれまで通りさせていただきます。訪問の際は対角線上に窓やドアを2箇所開放していただきます。

⑤タオルは助産院でこれまでも共有せずに患者さんが変わるたびに交換していましたが、バスタオルを2枚(敷き用と掛ける用)、フェイスタオルを4枚持って来ていただきたいと思います。

⑥赤ちゃんの抱っこは極力控えます。体重など計測する際はお母さんに抱っこしていただきます。触診や観察する時、授乳の練習をするときは手袋を着用致します。

⑦乳房ケアを実施する時は、フェイスシールド・手袋を着用します。身体に触れる時は手袋を着用します。

⑧お話しは必要最低限にし、2メートル以上の距離をおきたいと思います。

⑨ケア時間はできるだけ短く行いたいと思います。

⑩助産院でケアする場合は、患者さん同士が接触しないようにしたいと思います。

BSケア

乳房の声を聴き、母子に寄り添うBSケア

BSケアとは赤ちゃんの母乳吸啜メカニズムに基づく乳房ケアです。 母乳育児の要は赤ちゃんの吸啜にあると考えています。しかし、赤ちゃんの吸啜だけでは乳房に起こっている現象を解決できない場合、ケアを行います。とても優しいケアです。 https://bscare.net

クラニオセイクラルセラピー (頭蓋仙骨療法)

クラニオセイクラルセラピーとは、赤ちゃんを抱っこする様に優しく触れ、身体に触れながら身体が行きたい方へガイドします。そうすると、身体の内側から解放されていき、脳脊髄液、血液、ホルモン、リンパ、気の流れが改善され、その結果自律神経が整えられ、自然治癒力が高まっていきます。


BSケアは乳房ケアであり、クラニオセイクラルセラピーはからだへのケアになりますが、どちらも優しいタッチで身体のあるがままを受け入れ、ケアする私自身がケアを受けている方の乳房そしてお身体に受け入れてもらえるようにタッチしていくという共通点があります。本来、からだにはからだを健康な状態に戻そうとする力があり、私たちが治すのではなく、「からだが治していくもの」。そこに寄り添ってケアしていくというのが、この2つのケアの根底にあります。

診療時間について

月曜日から金曜日

9:00〜17:00

休診日 土・日曜・祝日

詳細を確認する

お問い合わせ

mail: moanajyosanin2012@gmail.com
TEL:090-5928-0393

その他のお問い合わせ方法

所在地

宮崎市佐土原町上田島1336−3 googleナビの場合、佐土原町上田島1336−11の方が正しく表示されます。

道順と地図